読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Number 追憶の90's

スポーツ

日本サッカー、幼少期の終わり

元NHKのスポーツ実況で神と言われる山本浩氏の名文句をご紹介しよう。
「声は大地から湧き上がっています。新しい時代の到来を求める声です。すべての人を魅了する夢、Jリーグ。夢を紡ぐ男たちは揃いました。今そこに、開幕の足音が聞こえます。1993年5月15日。ヴェルディ川崎横浜マリノス。宿命の対決で幕は上がりました」 1993年5月Jリーグ開幕戦
「ついにイラク同点に追いつきました。日本2対2とされました。さあ、日本、急ぎたい。日本、急ぎたい。アメリカへの道、重い扉ついに、引き分けという形で終わってしまいました。日本。食い下がりましたが、日本、結局、最後の最後、同点に追いつかれて2対2。ついに、ラモスも・・・[絶句] 」 1993.10.28 W杯アメリカ大会アジア地区最終予選 日本VSイラク
「このピッチの上、円陣を組んで、今散った日本代表は私たちにとっては『彼ら』ではありません。これは、私たちそのものです」  1997.11.16  W杯フランス大会アジア第三代表決定戦  日本VSイラン